転職会議スタジオ.com

薬剤師やIT系の転職経験者が転職について本音で語ります。

異業種への転職?同業種への転職?

就職して早数年。先輩に教わりながら仕事を覚える時期もとうに過ぎ、後輩や同僚にアドバイスをしながら働き続け職場では勤務年数が最長に。会社に認めてもらいつつも自分のキャリアをふと考えたとき、初めて「転職」という選択肢が脳裏をよぎったことがあります。
初めての転職活動。履歴書一枚で勝負してきた学生時代の就職活動とは異なり「職務経歴書」なんてものが必要なことも知りませんでした。そしてまた内容の難しいこと。これまで当然に行なっていたことを文章にするのって、どこからどこまでが自分の実力なのかわからず本当に難しいものなのです。
学生時代に資格を取っていたものの現在の仕事には関係のないものだったこともあって、資格を活かすために異業種へ転職するか?仕事内容にずれの少ない同業種内を視野に入れるか?のスタートだったので、本当に一歩先が見えず不安な日々を過ごしました。同業なら同業で「会社を見捨てた」みたいな見方もされてしまうのかな、かといって異業種へは全く未知のスタートだし‥。
数年の職務経験の中で現在の仕事にもやりがいを見出していたわたしは、最終的に先の見える同業種への転職を選びました。もちろん一緒に働いてきた同僚の中には働きながら通信教育を受け異業種へ転職した先輩もいますし、冒険しなかった結果と捉える方もいるかもしれません。
仕事だけが自己を表す手段だとは微塵も考えていないですが、どうせなら楽しんで仕事をしたいですよね。楽しみながら自分も成長して、自分が生活できる分はせめて稼ぎたい。わたしは異業種へのチャレンジから自分の「楽しみ」を見出すのには時間がかかると判断しました。‥あなたなら、どうしますか?

転職へ向けて

転職をしました。一番苦労したのは、最初に言い出す時でした。
営業職でしたが成績も上がらず商品についての理解も少なく対面で商売する営業が自分には向いてないと思って5年ほど勤めましたが、会社の先輩も上司も親身になって相談に乗ってくれましたし時には厳しく時には優しく仕事を教えてくれたのでなかなか言い出せませんでした。
当時は仕事を辞めても特別やりたいこともなく踏み出せませんでした。結局は実家の自営業を継ぐこととなりましたが、仕事について真剣に考え転職をもっと早くすればもっと充実できていたと思います。転職するときにどうしても後ろめたさも感じました。裏切っているわけではないですが、一生懸命にやっても自分の良さが出せないような気がして仕事にも打ち込めず時間が過ぎていくのが苦痛でした。
もちろん自分自身にも責任はあります。しかしまだ終身雇用などのイメージがあり、転職に対してマイナスの感じがします。転職することにより様々な経験値が増えるわけで次の職場でもその経験はプラスになります。
充分に考えて転職するのであれば、スパッと切り替えが大切でできるだけ素早い行動が大切と思います。何度も繰り返すと様々な経験値を得られるわけですが、それが仕事が続かない忍耐力のない人間と受けとられるか経験値の多い人間ととらえられるか、最後は本人の仕事力によると思います。