転職会議スタジオ.com

薬剤師やIT系の転職経験者が転職について本音で語ります。

地方における転職

一言で転職といっても、その職種や地域によって選択肢の幅が大きく変わってくるということを、今更ながら実感しています。
最近わたしは一身上の都合により都内で勤めていた会社を退職しました。東京にいる間は、至る所に求人情報誌があり、職に困ることはないだろうと考えていました。各駅にたくさんの企業が存在し、求人情報誌やインターネットにおける転職求人も、細かく駅や職種を指定しなければ絞りきれないほどの求人に溢れていました。
ところが一度東京を離れて地方で転職しようとすると、正社員どころか契約社員・派遣での仕事を探すのにも信じられないほどの苦労を強いられるのです。選択の余地はありません。希望職種での求人がゼロに等しい状況なのです。
それに加え、少ない求人に対して応募人数はそれなにりいるので、地方だからといって倍率が低いわけではありません。むしろ高いのではと感じます。私自身の前職での経歴が特段に悪いわけではないのです。転職サイトに登録しても、毎月更新される情報は前月とほとんど同じ企業のものしかありません。
地方へ来てから約2ヶ月、未だ転職活動成功には至っておらず、職探しの日々は続きます。しかし、東京に住んでいるときには決して気づくことのなかった、「仕事があることの有り難味」に気づくことが出来たのはわたしにとってとても意義のあることでした。
転職活動に成功した暁には、必ずしや強い意欲をもって仕事に取り組んでいきたいと思います。

転職をするか起業をするかで迷ったとき

転職について考えた時、次の仕事を探すことへの不安を感じる人は多いでしょう。転職をしようと決めると考えることや悩みも増えますね。
どのような仕事の転職先を探すか、どのくらいの収入がもらえるか、今、求人はあるのか、安定しているのかなどいろいろと考えると思います。何度も転職を繰り返すのも大変ですので、なるべく自分にあったやりがいのある職場が見つかることを希望して転職先を探すでしょう。転職を考えた時、思ったように求人がない場合はどうしたらよいのでしょうか。在職中であれば、転職するのをやめるという人もいるでしょう。
仕事をやめてしまった人であれば、条件の幅を広げて転職先を探すかもしれませんね。また、どうしても思ったような仕事が見つからない場合は、起業を考えるという人もいるかもしれません。手に職があったり、資格や仕事に活用できるようなスキルがあったり、おもしろいアイデアがあったりする場合は起業を考えるのも一つの仕事探しの選択肢になります。転職をするか起業をするかで迷った時、何を基準に働くかによって選択が変わります。安定を求める人が起業だとかなりの不安があるでしょうし、やりたい仕事を求める人が全くあわない仕事を探して転職するのは不満になります。
起業はスキルやアイデア、会社運営や軌道にのるまでの生活資金などの資金が必要になり、それなりの準備が必要です。在職中にしっかり資金をため、スキルや資格を身につけ、転職や起業をしたいと思った時に後悔しない選択ができる準備をしておくとよいですね。転職はある程度金銭的な余裕をもって実行に移すほうが安心です。
よいタイミングや転職エージェントを見つけて希望の仕事と出会えるといいですね。